2023年度プログラム

PROGRAM

基調講演

3月8日(水) 東京ビッグサイト

OP

14:00~17:00

基調講演

勝利をつかむ“最強かつ最高”の組織づくり

柔道家 / 東海大学 スポーツプロモーションセンター教授

井上 康生

1978年5月生まれ。宮崎県出身。東海大学付属相模高等学校を経て、東海大学体育学部武道学科卒業。同大学大学院体育学研究科修士課程修了。切れ味鋭い内股を武器に、大内刈、大外刈、背負投げなどを得意とする攻撃型柔道で数々の結果を残した。99、01、03世界選手権100キロ級で優勝。00年シドニーオリンピック100キロ級で金メダルを獲得。01〜03年全日本選手権優勝。08年に第一線を退き、09年より2年間、英国に留学。帰国後の11年から全日本男子柔道強化チームコーチ、12年11月より全日本男子柔道強化チーム監督を務め、16年リオオリンピックでは全階級メダル獲得、21年東京オリンピックでは史上最多の5個の金メダルを獲得。同年9月に2期9年の任期を終え退任。現在、全日本柔道連盟強化副委員長及びブランディング戦略推進特別委員会委員長、日本オリンピック委員会パリ五輪対策プロジェクトリーダー、特定非営利活動法人JUDOs理事長を務める。

宮里藍&聖志トークセッション「自身との向き合い〜セルフマネジメントとジュニア育成」

プロゴルファー

宮里 藍

沖縄県出身 / プロゴルファー

2003年 東北高校在学中にアマチュアとして「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」で優勝しプロ転向。翌年より日本ツアーに本格参戦し、通算14勝を挙げる。
2006年 米ツアーに戦いの場を移す。参戦4年目の「エビアンマスターズ」で待望の初勝利。その後世界ランク1位を獲得する。米ツアーでは通算9勝。
2017年 現役引退

引退後はアンバサダーを務める「宮里藍サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」などのツアー大会で活動。さらに「宮里藍インビテーショナルSupported by SUNTORY」ではジュニア選手へメンタルトレーニングの重要性とその選手を支える保護者への講習会を開き次世代ゴルファーの育成に励んでいる。

プロゴルファー

宮里 聖志

3歳から父の指導でゴルフを始める(宮里3兄妹の長男)
1999年にプロテストに合格し、翌年よりツアー参戦。
2004年12月の「アジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメント」で念願の初優勝を果たした。
誰からも愛される人柄の良さが人気で、「宮里道場」という自身メインの番組は、テレビ東京で10年以上続き、現在はBSフジ「CROSSOVER」内で10分間のコーナーとして継続している。

通常セッション

3月9日(木)・10日(金)
浜松町コンベンションホール&Hybridスタジオ

3月9日(木)

2A-1

10:00〜13:00

Z世代向けマーケティング

「ひらけ、カカオ。」Z世代マーケターが挑む、カカオの新たな価値創造と等身大のコミュニティづくり

  1. カカオの新たな価値創造 への挑戦
  2. カカオのサステナブルを一緒に考えるコミュニティの構築
  3. 未来を担う若者とともに、カカオに関わる全ての人を笑顔に

現在、明治は「ひらけ、カカオ。」をスローガンに、カカオの新たな価値創造を通じて、“カカオに関わる全ての人を笑顔にする”、サステナブルな循環を目指しています。
私はその活動の中で、未来を創るZ世代にとって、明治の取組が“大企業の一活動”ではなく、“活動メンバーの一員”として自分ゴト化できるコミュニティの場をSNSに作りたいという想いがあります。カカオのよりよい未来に向けて、一緒に活動してくれる仲間増やし、若者の力で「ひらけ、カカオ。」を促進していく挑戦についてお話いたします。

株式会社 明治

マーケティング本部 カカオマーケティング部CXSG

蓜島 里菜

NewsPicksにおけるZ世代向けマーケティング

  1. Z世代ユーザーのNewsPicks利用の特徴
  2. Z世代に向けたNewsPicksの具体的取り組み
  3. 今後の課題と挑戦

NewsPicksは会員数が約792万人の国内最大級の経済ニュースプラットフォームです。
ユーザーの約6割が40代未満というのが1つの特徴であり、近年は特に若年層をターゲットにした取り組みを強化しています。
今回は、その具体的な取り組みや今後のチャレンジについてご紹介します。

株式会社ニューズピックス

Marketing Division/Marketing Planner

岩田 真由子

2A-2

10:00〜13:00

ウエルネス

「アーモンド効果」の新市場創造への挑戦

  1. Glicoとアーモンドの歴史について。「アーモンド効果」が誕生した背景。
  2. 「アーモンド効果」のブランディング。2014年~2022年のマーケティング施策とその成果。
  3. 「アーモンド効果」が目指す新市場(新しい食文化)の創造について。

Glicoが、2014年に「飲むアーモンド」として発売した「アーモンド効果」のブランド開発の経緯から、直近までのマーケティング施策についてご紹介します。Glicoのコーポレートパーパスである「すこやかな毎日、ゆたかな人生」の実現に向けて、「アーモンド効果」がどのような新市場(新しい食文化)を創造しようとしているか、ご紹介いたします。

江崎グリコ株式会社

健康事業マーケティング部ブランドマネージャー

江川 直

「自分らしい美しさを謳歌できる社会」を目指す

  1. ラックスというブランドの「パーパス(存在意義)」と「価値」
  2. 消費者の心が動くモーメントの捉え方
  3. パーパスと製品の共存・相乗効果について

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社

アシスタントブランドマネージャー

大西 朱音

2A-3

10:00〜13:00

ヒット商品

新価値創造「ビアボール」

  1. 成熟市場における新しい価値創造への挑戦
  2. 既存の壁を打ち破る新製品開発
  3. 若者をターゲットにしたブランド価値創造

伝統あるビール市場の中で、既存の枠にとらわれない価値をいかに創造し形にできるか

サントリー株式会社

マーケティング本部課長

福本 匡志

発売10周年で、売上10倍に!成長をつづける『金のつぶ たれたっぷり!たまご醤油たれ』

  1. 納豆市場の今
  2. たれたっぷり!たまご醤油たれ成長秘話
  3. たれたっぷり!たまご醤油たれ今後の展開について

2012年9月に発売した「金のつぶたれたっぷり!たまご醤油たれ」は2023年に発売10周年を迎えます。誕生から今日に至るまでの成長ストーリーと今後のマーケティング戦略についてお話させていただきます。

株式会社Mizkan

マーケティング本部・主任

津野 友也

2P-1

14:00~17:00

食のサステナビリティ

「デジタル×化学」をマーケティングで切り開く

  1. 旭化成の食農分野への挑戦・創造
  2. 「環境×デジタル×三現主義」による新たな発想
  3. 多彩な技術、多角的な事業、多様な人財の融合

Fresh Logiは、青果物の鮮度を保持しつつ、輸送の省エネ化にも貢献できるクラウド型生鮮品物流ソリューションである。優れた断熱性能を誇る「ネオマフォーム」を用いた密閉ボックスと輸送環境のセンシング・解析により、青果物輸送の既存概念の変革を目指す。

旭化成株式会社

ライフイノベーション事業本部 食農プロジェクト・プロジェクト長

伊藤 隆行

見て、触れて、『カゴメ』をリアルに実感できる、『野菜のテーマパークにおける』カゴメファンづくり

  1. カゴメが野菜生活ファームを設立した目的は、『地元へのご恩返し』。設立までの経緯も含めてご説明
  2. 体験型の野菜のテーマパークの概要説明。農業・工業・観光を担う3社が隣接するメリットもご紹介
  3. ファンベースドマーケティングの推進において、『実体験』としてカゴメの姿を伝える取組をご紹介

カゴメ野菜生活ファームは、2019年4月、長野県富士見町に開業いたしました。コンセプトは、体験型の野菜のテーマパーク。カゴメは取組むべき社会課題の一つとして『農業振興・地方創生』を掲げており、野菜生活ファームは、その実践の場です。半世紀にわたり工場を操業しているこの地へのご恩返しとして、ファームの運営を通して地域に貢献することを目指しています。同時に、カゴメが進めるファンベースドマーケティングにおいても重要な役割を担います。地域と共生しながらカゴメファン創出を目指す活動について、ご紹介します。

カゴメ野菜生活ファーム株式会社

代表取締役社長

河津 佳子

2P-2

14:00~17:00

ブランドファン創出

エリア限定ブランドによる共感創出マーケティング

  1. 地域限定ブランド紹介
    サッポロ クラシックについて
    ブランド概要・歴史・事実特徴・広告変遷など
  2. お客様インサイトとポジショニング
    北海道民インサイト・クラシックのポジショニング
  3. 継続成長につながる共感マーケティング
    現状・課題・基本方針・基本マーケティング戦略戦

エリア限定ブランドを通した、共感創出マーケティング
サッポロ クラシックのマーケティング戦略を例として、サッポロビールが考えるエリア限定ブランドの共感創出マーケティングのご説明をさせて頂きます。
・サッポロビールがサッポロ クラシックを通じて目指す、北海道の皆様との関係。
・北海道民のインサイトとサッポロ クラシックのポジショニング
・サッポロ クラシックの目指すブランドパーソナリティ
・継続成長につながる共感マーケティング

サッポロビール株式会社

マーケティング本部 ビール&RTD事業部 サッポロブランドグループ

荒木 進之介

暮らしにもっと『スパイス』を
 ~ペーストスパイスにできること~

  1. スパイス市場における、ハウス食品の歩み
  2. 新価値ペーストスパイス製品の定着に向けたマーケティング事例
  3. スパイスのある生活を当たり前にするために、ハウス食品が取り組むこと

コロナ禍を経て、お客様がスパイスを使用する機会が増えている。
もっと暮らしにスパイスを根付かせ、スパイスがあって当たり前の世界を作るために、ハウス食品が実施してきたマーケティング事例や今後の展望を紹介させていただきます。

ハウス食品株式会社

食品事業本部 食品事業三部 チームマネージャー

戸矢﨑 裕希

2P-3

14:00~17:00

マーケティングDX①

デジタルとリアルが融合する世界で生き残る全ビジネスパーソン必須のデータリテラシー基礎知識

  1. データ分析が目的になっていませんか?行動を促し事業に成果をもたらすことが真のデータ活用
  2. 誰もが使っているフィルターなどの本来の使い方など、データに向き合うための実践的な技や考え方
  3. データアクセスを劇的に加速するコラボレーションの力、つまり外部データの活用について

データはただの数字の羅列のように感じられるかもしれませんが、その背後にあるのは人の行動や感情そのものです。それに気づくことが出来た時、目の前の大量のデータは皆さん自身のものとなり、それを活用することで生み出される新しいアイディアと行動は、業務をクリエイティブにし、生きがいを感じられるものにするでしょう。本セッションでは、すべてのビジネスパーソンがどのようにデータと向き合えば良いか、すぐに実践できる技も織り交ぜながらお話しします。

コミュニティによるデータ人材育成プログラム「DATA Saber」創始者 Grand Master of DATA Saber

KT

データドリブン“ターゲティング”のススメ
~事業成長を左右するターゲット規定の方法論と実践~

  1. ターゲットの捉え方
     ~理想と現実、理念と効率の間での最適解探し~
  2. データドリブン“ターゲティング”とは
  3. データドリブン“ターゲティング”の実践例

事業成長のためには「ブランドにとっての望ましい顧客像」と「実際のブランド興味・関心/購入層」とを照らし合わせ、ターゲティングの精度を高めていくことがとても重要です。
後者「実際のブランド興味/関心・購入層」については、データやデジタル技術によってかなりの精度でプロファイリングできる、まさにデータドリブン“ターゲティング”が可能となっています。
事業成長を左右するターゲティングに向けて、実践例も交えてデータドリブン“ターゲティング”を概説します。

株式会社東急エージェンシー

データドリブンマーケティング局・局長

真弓 省吾

3月10日(金)

3A-1

10:00〜13:00

イノベーション

VUCAの時代に求められる社会価値創造型マーケティング

  1. 長期ビジョン・マテリアリティからのバックキャスティングによるブレない軸づくり
  2. コニカミノルタ流 顧客価値・社会価値を生み出す価値創造プロセス
  3. 個々の現場に見る価値づくり(実際の事業創出事例)

不確実性の高い時代において、本質的・持続的な価値を見出すことは益々重要になっている。コニカミノルタでは、全社長期ビジョン策定から事業創出・推進、更には個々人の価値創出活動に至るまで、社会価値と顧客価値を同期させて本質的な価値を見出す活動(社会価値創造型マーケティング)を実践してきた。活動自体はまだまだ途上ではあるが、実際の事業創出事例の紹介も交えながら具体的に進めてきた内容を共有することで、皆様ともに将来を見据えたマーケティングの在り方について考えていきたい。

コニカミノルタ株式会社

上席執行役員 経営管理部長 兼 BIC担当

吉村 裕介

ヘルスケア・マーケティングにおけるデータ活用

  1. ヘルスケアにおける新しい価値創造
  2. ヘルスケア・マーケティングにおける戦略発想
  3. 商品のブランド認知

1,100万ダウンロードを突破し、健康管理アプリ支持率No.1のFiNCアプリを利用するユーザーとその膨大なデータ、ユーザーを支える専門家が、FiNCのアセットを活用したマーケティングソリューション。
毎日のカラダの情報を記録し、ヘルスケア商品を購入する健康・美容意識の高いユーザーへアプローチでき実績なども交えながらお話しします。

株式会社 FiNC Technologies

代表取締役 CEO

南野 充則

3A-2

10:00~13:00

コアユーザー創出

ウィルキンソンブランドが成し遂げるGame Changeへの挑戦

  1. ブランドの成長と時代背景(Game Change1.0)
  2. 近年の取り組みと将来の課題
  3. ソバーキュリアス文化創造への挑戦(Game Change2.0)

2024年に120周年を迎える「ウィルキンソン」ブランドは沢山のお客様からご支持をいただき、14年連続で過去最高の売上を更新し続けております。「ウィルキンソン」は如何にして成長を遂げてきたのか、そして更なる成長に向けてどういった取組みを行っていくのか、「ウィルキンソン」のあくなき挑戦についてお話をさせていただきます。

アサヒ飲料株式会社

マーケティング一部 無糖炭酸・果汁グループ 課長補佐

小諸 祐志

SUBARUのシン・ブランディング

  1. 米国でのブランド力はなぜ高いのか?
  2. お客様の生活に寄り添う表現でなぜ語られるのか?
  3. SUBARUが目指す“More Than a Car Company”とは

SUBARUは米国をメイン市場と位置付けておりますが、その米国で自分たちの予想を超える高いブランド評価をいただいています。
ここに至るプロセスは、他とはちょっと違う極めてユニークで稀有な取り組みでもあります。
また、以前はスバリストと呼ばれるコアな顧客層に支持をいただいていましたが、今はどうなのかを知ってきっと驚かれると思います。
先行きへの不安や分断化が進む社会の中で、企業が取り組むべきことは何か。
何かお役に立てるのであればとの思いで、SUBARU独特の取組みをアンヴェールします。

株式会社SUBARU

常務執行役員 経営企画本部 本部長

江森 朋晃

3A-3

10:00〜13:00

顧客志向

LIXILパーパスの実現を目指す、ブランドコミュニケーションの実例

  1. 消費者の潜在ニーズを満たす体験を提供し続けるための、顧客志向の推進
  2. “いつもを、幸せに。”に込めた顧客提供価値をあらゆる顧客接点で
  3. お客様への新しい購買体験を含む、顧客生涯価値最大化への課題

新たなLIXILパーパスに則り、LIXILブランド価値を伝えるメッセージとして“いつもを、幸せに。”を2020年に設定。そこに込めたLIXILの顧客価値を商品やサービスを含む様々な体験において提供していくと共に、価値を伝えるコミュニケーションにおいても新たなメディアやコンテンツの開発、活用に挑戦している。お客様の新しい購買体験の提供等、顧客生涯価値(CLTV)の最大化に向けての実践事例を紹介する。

株式会社 LIXIL

マーケティング部門 マーケティングナレッジ開発リーダー

野口 恭平

マーケティング本部 ブランド&マーケティングストラテジー統括部 LIXILブランド戦略部 主査

福永 純

2022年に発売された電気自動車の軽、『日産サクラ』ローンチ戦略について

  1. 電気自動車のパイオニアである日産のチャレンジ
  2. 今までに無い、新しいマーケティング戦略
  3. 具体的なマーケティング方策について

2022年5月に発表した電気自動車の軽の『日産サクラ』
日本の電気自動車のパイオニアである日産のチャレンジから生まれた新しい商品です。
ローンチを成功させるためのマーケティング戦略の考え方と、かつてない新しい取り組みに関してご説明をさせていただきます。

日産自動車株式会社

日本マーケティング本部 ブランド&メディア戦略部 主管

島田 敬太

3P-1

14:00~17:00

コーポレートブランディング

NTTドコモのブランド戦略 ~世の中が動くまで、変化がはじまるまで、伝え続ける。~

  1. 「あなたと世界を変えていく。」をブランドスローガンに展開するNTTドコモのコーポレートブランディング
  2. 若年層に向けたコーポレートブランディングの取組み
  3. サステナブルな社会の実現に向けた取組みの訴求

NTTドコモグループは、綾瀬はるかさんをブランドアンバサダーにお迎えし、「あなたと世界を変えていく。」をブランドスローガンとして掲げ、当社の先進性や安全性・信頼性、若者を応援する姿勢について、具体的な取組みを交えて世の中に伝え続けています。通信技術の進化に伴い社会が加速度的に成長する中で、もがき苦しみながら挑戦する当社のブランド戦略について施策事例等をご紹介しながら、皆さんと是非議論させて頂きたいと思っております。

株式会社NTTドコモ

ブランドコミュニケーション部 コーポレートブランド担当部長

庄司 順

ダイキンのブランド戦略及び、Z世代へのコミュニケーション

  1. ダイキン流ブランド構築:ブランドって何?
  2. Z世代へのコミュニケーション施策:Z世代に刺さるコンテンツとは?
  3. 陥りやすい失敗:KPIの罠

ダイキンのブランド戦略及び、Z世代へのコミュニケーションについて実際の事例をもとにご説明させていただきます。

ダイキン工業株式会社

総務部広告宣伝グループ

天野 貴史

3P-2

14:00~17:00

マーケティングDX②

世の中にない新しい商品や事業の連続的創出を目指す生態系づくり

  1. マクアケ事業概要
  2. 世の中にない新しい商品や事業の連続的創出を目指す生態系づくり
  3. マクアケから生まれたヒット商品事例

「前例のない新商品を連続的に生み出すMakuakeの仕組み」
前例のない新商品アイデアは、事業性や採算性をロジカルに試算することが難しく、それが企業において斬新な新商品を”お蔵入り”させる大きな要因でした。今回の講演では、商品化の過程で新商品の市場評価を可視化し企画倒れを防ぐ「Makuakeという出口」、また「商品企画段階から伴走するMakuake Incubation Studio」のサービス、「Makuakeのヒット商品事例から考察するヒット商品の共通項」についてお話しさせていただきます。

株式会社マクアケ

専門性執行役員 / R&Dプロデューサー

北原 成憲

ソフトバンクが試行錯誤でたどり着いたB2Bマーケティングの現在

  1. ソフトバンクのデジタルマーケティングの現在
  2. マーケティング高度化に向けた失敗談
  3. 企業のマーケティングDXに向けたソフトバンクの提供価値

企業や自治体のDX実現に向けたソリューション提供をしてきたソフトバンク。自社でも最先端のマーケティングツールを導入するなど、B2Bマーケティングを実践してきました。しかし、ゼロから始めたマーケティング改革の過程では、多くの失敗を積み重ねてきました。本講演では、B2Bマーケティングの高度化に際して直面した数々の課題・失敗事例を紹介するとともに、ソフトバンクが試行錯誤を通して至った、「B2Bマーケティングの現在(いま)」について紹介いたします。

ソフトバンク株式会社

法人マーケティング本部 本部長

上野 邦彦

3P-3

14:00~17:00

キャラクターマーケティング

挑戦という一歩が”ビックリ”した結果へと魔法のように変わる!
~ビックリマンV字回復の軌跡~

  1. 「ビックリマン」の歩み
  2. ビックリマンの新たなる挑戦
  3. ビックリマンが顧客に愛され続けるブランドになるための「伝統と革新」

みなさん、ビックリマンチョコをご存じでしょうか?1977年に発売し発売から45年を迎えたブランドです。近年ではコラボレーション等も加速し、時代を超えて様々な世代に愛される「ビックリマンチョコ」ですねと声をかけて頂く機会も増えましたが、一時は長らく低迷していた時期もあったブランドです。消費スピードやブランドの入れ替わりが激しい現代に、長く顧客から愛された伝統を守りながら新しい挑戦を続けた結果、どんな新しい未来が切り開けたのか?『挑戦という一歩の大切さ』をビックリマンの実例を交えてご紹介致します。

株式会社ロッテ

マーケティング本部 ブランド戦略部
焼き菓子企画課/チョコパイブランド課 課長

本原 正明

幸せを創造するキャラクターマーケティング戦略

  1. 菓子・キャラクターマーケティング戦略の軌跡
  2. キャラクター商品開発プロセス
  3. キャラクターの新たな可能性

①菓子業界におけるキャラクター商品の歴史とその背景、流れがわかります。
②キャラクター商品化権獲得~商品企画開発~商品発売~アフターケアーまで話が聴け、各業界でのキャラクター商品開発のポイントが学べます。
③キャラクター商品の今後の可能性・活用法について学べます。

森永市場開発株式会社

営業部・マネジャー

齋藤 理

CL

17:30~18:30

クロージングセッション

若手マーケターへ贈るエール(事前申込制)

数々の経験を積まれ、業界を牽引されている先輩マーケターより、DXによる働き方の変化やテクノロジー進展を踏まえて、幸せで明るい未来を想像する若手マーケターの今後の可能性について、アドバイスとエールをいただきます。