企画委員インタビュー「若手だけでなく管理職にも参加して欲しい」 神戸大学 大学院 経営学研究科 髙嶋 克義 教授【3/3】

神戸大学 大学院 経営学研究科 髙嶋 克義 教授には企画委員としてマーケティング総合大会にご参画いただいています。
学術的見地からマーケティング総合大会についてお話いただきました。

若手だけでなく管理職にも参加して欲しい

神戸大学 大学院 経営学研究科
髙嶋 克義 氏

―― 次回のマーケティング総合大会は55回目の開催になります。参加される方にメッセージをお願いします。

マーケティングは独力では成功しません。いろんな部門の人たちと協力することで初めて成功します。若手マーケターの方にはそういうことを理解していただければと思います。企業の中の若手の方々は、所属部門の現場で苦労をされていると思いますが、他の部門や組織全体を踏まえた視点を持つと、成功のためには何をすべきかがより明確に見えてきます。そういうことを学ぶ場として、マーケティング総合大会は非常に適しています。

マーケティング総合大会に参加される方は若手のマーケターが多いのですが、実は、その上の管理職層にも、もっと積極的に参加してほしいと思っています。マーケティング総合大会では毎年新たな事例が発表されていますので、上級職の方にも新しい気づきがあると思います。近年は、経営者に講演をしていただくプレミアムセッションも設けていて、とくにこういったセッションは、管理者にとって、たいへん参考になると思います。組織能力を高めるために、どのような組織体制を作るべきか、どのような人材をいかに育成すべきかなど、学ぶことがとても多いと思います。

上に戻るボタン