10A2 ロングセラーブランド活性化

(法人格・敬称 略)

3月10日(水)10:00~12:30

既存カテゴリー・ロングセラーブランドによる新市場創造
新たなお酒の価値をカイタクする黒ラベルの挑戦

サッポロビール
マーケティング本部 ビール&RTD事業部 第2グループ・課長代理
齋藤 愛子

  1. 黒ラベルによる新しい「ビール」の魅力のカイタク
  2. 黒ラベルによる独自のビールブランド選択理由のカイタク
  3. 黒ラベルによる熱狂的なファンのカイタク
講演の聴きどころ
国内ビール総需要が毎年縮小する中、サッポロ生ビール黒ラベル(缶)は6年連続売上をアップしている。 1977年に発売した40年を超えるロングセラーブランド。
熱狂的なファンに支えられ続けているブランドですが、直近では特に20-30代のファンが急増しており売上アップの要因となっている。 如何に世代を超えて愛されるブランドに進化し続けてきたのか? 「ビールの魅力・独自のビールブランド選択理由・熱狂的なファン」の3つの視点で、「新たなお酒の価値をカイタクしてきた」形跡と今後の挑戦に関しての内容となる。

ロングセラーブランド活性化の盲点
~鍵は「ブランド老齢化の回避」にアリ~

エバラ食品工業
マーケティング本部 マーケティング部長
御厨 貴志

  1. 企業にとってますます重要性の高まる「ロングセラーブランド」と
    その管理手法の盲点
  2. 「ロングセラーブランド」崩壊のシナリオ
  3. ロングセラーブランドはなぜ、どのように、崩壊してしまうのか
    「ブランド老齢化」の発見によりロングセラーブランドを再活性化する
講演の聴きどころ
じりじりと売上が減少していく自社のロングセラーブランド。 ブランド担当者は「このままではいけない」という漠然とした不安を抱えながらも、前年の売上を維持するための施策に忙殺される実情があります。 「ヒット商品が生まれにくい」時代と言われる昨今、企業におけるロングセラーブランドの重要性はますます高まっていると思います。 本講演ではロングセラーブランドの本質的な課題である「ブランドの老齢化」を可視化し、その回避策についてお話をしたいと思います。
上に戻るボタン