2017 タイムズ24

3/8(水)10:00~12:30

B2 新市場を創出するビジネスモデル

タイムズ24

クルマを身近な存在に
カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の挑戦

1.カーシェアリングサービスに参入した理由
2.“ミヂカ”“オトク”“ベンリ”なサービスにするための取り組み
3.「タイムズカープラス」が目指していること


タイムズカープラス事業部 開発営業グループ グループマネージャー
亀田 真隆
※講演者が変更になりました


講演者に聞きました!

会員カード1枚で、日本全国に配備されている約16,000台のクルマを自由に使うことができる
「タイムズカープラス」。
24時間365日いつでも使える無人サービスを支えているのは、「IT」と「ヒト」。

お客様がよりベンリに、より快適にサービスをご利用いただけるよう利便性向上とともに、
事業継続のための利益追求を両立するべく、デジタルとアナログのベストミックスを探っている中で、
これまでに実現しているサービス、その成果等実例を交えて紹介する。

 
URL
タイムズカープラスのブランドサイトはこちら

(敬称略)


このページを見た方はこちらのページもご覧になっています

B2ファンデリー 『一食二医』社会の実現を目指す、ファンデリーのビジネスモデル革命
B5オイシックス Omni-Channel時代のマーケティング戦略 〜お客様と時間を共有し、絆を深めるDigital Marketing〜

サブコンテンツ

このページの先頭へ