2017 資生堂ジャパン

3/8(水)10:00~12:30

満席

A2 新たな顧客をつかむブランド戦略

資生堂

敏感肌ブランド「dプログラム」の
新価値創造マーケティング

1.「アレルバリアシリーズ」の開発背景
2.コミュニケーション戦略
3.今後の展開


コスメティクスブランド事業本部 マーケティング部
dプログラムブランドマネージャー
黒田 明日香


講演者に聞きました!

資生堂「dプログラム」は、2017年に誕生から20周年を迎える敏感肌ブランドです。
 
資生堂は、世の中にまだ「敏感肌」という言葉がなかった40年前からこの分野の研究を開始し、
女性のニーズに合わせた製品開発、価値提供をしてきました。
 

今回は、花粉の季節の肌あれに着目して発売された「アレルバリア シリーズ」の開発背景と
コミュニケーション戦略を、「トライ&エラー&トライ」の事例を含めてご紹介させていただきます。
 
URL

dプログラムのブランドサイトはこちら

(敬称略)


このページを見た方はこちらのページもご覧になっています

A4ポーラ 「伝統と革新」難題への挑戦~B.Aのブランディング~
A6花王 「ビオレスキンケア洗顔料」のマーケティング戦略 ~若年層イメージからの脱却~
A7マンダム 40代男性に向けたルシードニオイケアの新価値創造マーケティング

サブコンテンツ

このページの先頭へ