2017 日清食品ホールディングス

3/8(水)10:00~12:30

満席

A2 新たな顧客をつかむブランド戦略

100年ブランドカンパニーを目指す
日清食品のコミュニケーション戦略

1.日清食品が抱えるロングセラーブランドの課題
2.若い世代の共感を得るブランドコミュニケーション事例と成果
3.成功と失敗の中から見えてきた共感と拡散のポイント


宣伝部
係長
東 鶴千代


(敬称略)

ここが聞きどころ!

チキンラーメンを始め、2016年度は45周年を迎えたカップヌードル、
そして、40周年を迎えた日清のどん兵衛と日清焼そばU.F.O.など数多くのロングセラー
ブランドを抱える日清食品。

近年、斬新なWEB動画やTV-CMが大きな話題となっていますが、
その裏側には同社のブランドに対する考え方と戦略がありました。

ロングセラーブランドが、若者をはじめ幅広い顧客層から「自分たちのブランド」として
愛され続けるために、同社が取組むコミュニケーション戦略を具体的な事例や、「トライ&エラー」の中で
得た気づきを交えお話いただきます。

URL
日清食品のサイトはこちら


このページを見た方はこちらのページもご覧になっています

A3亀田製菓 亀田の柿の種 更なるロングセラーへ
A3ポッカサッポロ フード&ビバレッジ 「じっくりコトコト」ができること~発売20周年を迎えてのブランディング~
A4ロッテ ビックリマン40年目への新たなる挑戦と進化

サブコンテンツ

このページの先頭へ