2017 ニチレイフーズ

3/9(木)14:00~16:30

満席

A5 ヒット商品のマーケティング戦略

15年連続冷凍炒飯NO.1“本格炒め炒飯”のものづくり戦略
~おいしさの価値伝達について~

1.開発の背景から商品発売まで
2.新たな挑戦とマーケティング戦略
3.ニチレイフーズの“ものづくりの想い”


家庭用事業部 家庭用商品部
家庭用商品グループリーダー
松田 大資


講演者に聞きました!

2001年に初めて炒めるタイプの冷凍食品の炒飯を発売し、現在16周年を迎えています。
 
その開発に至った背景から商品化、発売までどのようなものづくりをしてきたのか。
 
また、2015年に約30億円をかけて“本格炒め炒飯”の大幅リニューアルを実施し、そこでの新たな挑戦と
マーケティング戦略についてお話したいと思います。
 
ニチレイフーズがどのような想いで“ものづくり”をし、社内、社外、お客様に対して“美味しさの価値伝達”をしていくのか…。
ひとつの商品をどう育てていくのかについてお話したいと思います。 
 
URL

「本格炒め炒飯」のブランドサイトはこちら

(敬称略)

 

このページを見た方はこちらのページもご覧になっています

A1フィリップ モリス ジャパン アイコスに関するサイエンス・マーケティング
A3ポッカサッポロ フード&ビバレッジ 「じっくりコトコト」ができること~発売20周年を迎えてのブランディング~
A6日本コカ・コーラ コカ・コーラ“130年愛されるということ”

サブコンテンツ

このページの先頭へ