2017 博報堂

3/10(金)14:00~16:30

B7 未来志向マーケティング

博報堂

好きの未来~わたしの熱が、世界をまわす~

1.「好きの未来」の着眼点
2.「好きの未来」の変化ベクトル
3.「好きの未来」の物語
4.「好きの未来」の企業と社会


博報堂生活総合研究所 所長
石寺 修三



講演者に聞きました!

2016年、我々が2年ぶりに実施した大規模意識調査『生活定点』によると、生活者のあいだに「この先、良くも悪くもならない」という認識が広がるとともに、この状況を悲観することなく身近な幸せを感じて暮らしていることがわかりました。
 
しかし、ありのままを快適とする社会にイノベーションは期待できません。
世界が大きく変わり始めた今、日本にも生活者が自発的に動き出す“動機”が必要です。
 
我々は「好き」という感情にそのチャンスを見つけました。
 
見回せば、日本には実に多様な「好き」があふれ、今も進化を続けています。
かつて個人で完結していた「好き」は、いまや人を結びつけるだけでなく、新しい「好き」を生みだし、市場をも創りつつあります。
 
この熱量を社会資本として活かさない手はありません。
「好き」を見つけ深めようとする生活者の熱い想いと行動が、市場や社会を動かすチカラになる・・・ 
それが、今回の提言 『好きの未来 ~わたしの熱が世界をまわす~』 です。
 
URL

「生活定点」のサイトはこちら

(敬称略)


このページを見た方はこちらのページもご覧になっています

C1日本アイ・ビー・エム Watsonで進化するマーケティング
C1クレディセゾン・朝日広告社 人工知能を活用した新たなキャンペーンマネジメントについて
C3トライバルメディアハウス 顧客を熱狂に導くマーケティング戦略

サブコンテンツ

このページの先頭へ