2017年 富士重工業

3/9(木)14:00〜16:30

C5 企業の成長を促す新価値創造の取り組み

お客さまとのつながりの強化について

1.SUBARUの基本戦略
2.つながる仕組みの構築
3.コンテンツの充実



スバルネクストストーリー推進室 室長
小島 敦

(敬称略)

ここが聞きどころ!

創業100周年を機に社名とブランド名を統一し、新たなスタートを切る富士重工業。
「スバルブランドを磨く。」経営ビジョンのもと、Subaru Next Story (SNS)プロジェクトなどを
通じてブランドメッセージ「安心と愉しさ」を幅広い顧客層に広げるという、
個性的なブランドならではの施策を行われています。
今回はお客様とのコミュニケーションを軸に、同社の取り組みをご紹介いただきます。

URL
富士重工業公式サイトはこちら




このページを見た方はこちらのページもご覧になっています

A2日清食品ホールディングス 100年ブランドを目指す日清食品のコミュニケーション戦略
B2タイムズ24 クルマを身近な存在に カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の挑戦
C4マクロミル マーケティングのデジタル化と生活者理解
C5東日本旅客鉄道 「TRAIN SUITE 四季島」で実現するあたらしい鉄道の旅

サブコンテンツ

このページの先頭へ