2016 統一テーマ

『共創×イノベーション』で 未来を育むマーケティング

 1965年より、その年々の経営ならびにマーケティング活動の現状をさぐり、経営ビジョンとマーケティングビジョンの連動の方向づけをするという目的のもと、このマーケティング総合大会はスタートし、今年52回目の開催を迎えます。

 近年、2020年またはその先の未来を見据えたビジネスの創造が多くの企業において重要な課題となる中、マーケティングの果たす役割はますます大きくなっています。

 今回の第52回マーケティング総合大会では、「共創」「イノベーション」「未来を育む」という、現在のマーケティング活動にとっていずれも重要なキーワードを統一テーマに取り入れました。

 顧客、地域、社会、異業種、国を超えた“つながり”がもたらすイノベーション=「共創」をはじめ、商品、組織、思考、プロセス、手法などあらゆる要素の今までになかった組合せが導くイノベーション=「新結合」は予測のつかない未来に対して、新たな市場や価値を創造するマーケティング活動そのものです。

 次世代の経営を担うマーケター自らが、まずは一歩踏み出し身近な「イノベーション」から新価値を生み出すとともに、ひいては豊かな未来を育んでほしいというメッセージとして本テーマを打ち出しました。




サブコンテンツ

マーケティング大会2017

このページの先頭へ