2016 3月11日(金)

(敬称略/2016年2月現在)

10:00〜12:30

A6 強みを活かしたヒット商品づくり

市場に革新をもたらした「爽」と群雄割拠の女性化粧品市場で顧客に支持されている「ビフェスタ」のマーケティング戦略について知ることができるセッション。食品と化粧品の2事例はB to Cだけでなく、B to B企業のマーケターにとってもベンチマークすべきポイントが沢山あります。

コーディネーター:福田 博 縄文コミュニケーション 代表取締役

ロッテアイス

「爽」のマーケティング戦略 ~爽が爽であるために~

  • 「爽」開発と誕生秘話
  • 独自価値の創造とあるべき姿
  • Go for 2020!!

平井 翔大 商品開発部 開発二課

講演者インタビューはこちら

マンダム

ビフェスタのブランド戦略

  • ブランドヒストリー
  • ブランド育成について
  • コミュニケーション戦略について

櫃本 久美子 第二マーケティング部 マネージャー

B6 ロングセラーブランドを進化させるチャレンジ

農機具にデザインやマーケティングなどそもそもあるのか?そんな常識を覆す取り組みをするヤンマー。新たな農への可能性を披露いただきます。スナック菓子老舗の湖池屋で25周年をむかえるポリンキーは「エンターテイメントスナック」を標榜し、消費者と一緒に楽しみ、成長する戦略を打ちだしています。老舗、ロングセラーの中で、ブレイクスルーのきっかけをつかむ取り組みとして何が必要かヒントとしていただくセッションです。

コーディネーター:玉井 正則
日本能率協会コンサルティング 技術戦略センター チーフ・コンサルタント

ヤンマー

新たな農の可能性に挑むヤンマーのマーケティング戦略

  • 次の100年に向けたヤンマーの課題
  • ヤンマーのプレミアムブランド戦略とアグリ事業の取組み
  • ヤンマーが生み出す新たな農のマーケットと展望

三原 真紀子 アグリ事業本部 経営企画部 ブランドマーケティンググループ

湖池屋

消費者と楽しむエンターテイメントスナックへ、
25周年における『ポリンキー』のブランディング

  • 『ポリンキー』誕生から25周年をむかえて
  • ブランドアイデンティティの再定義と具現化施策について
  • 今後の展望について

加藤 俊輔 マーケティング本部 マーケティング部 第2課

まもなく満席

C6 日本発のイノベーション

ミドリムシ、きゃりーぱみゅぱみゅ、カワイイ。
知らない人には何のことかわからないこれらのことが、実はインパクトのあるイノベーションであり、明日の日本の経済へ影響として重要なことだったり。先入観をすてて、イノベーションの現実に浸ってみませんか。

コーディネーター:岡田 功 オリエンタルランド マーケティング推進部 CRMグループ マネージャー

ユーグレナ

地球を救うミドリムシのマーケティング

  • 人と地球を救うミドリムシとは?またユーグレナ社の事業とは?
  • ミドリムシが作る明るい未来とは?
  • ミドリムシを市場に定着させたそのマーケティング手法とは?

福本 拓元 取締役

アソビシステム

もしもしにっぽんで出来ること

  • アソビシステムの紹介
  • 地方との取り組み
  • 海外での取り組み

中川 悠介 代表取締役

14:00〜16:30

満席

C7 デジタルコミュニケーションの可能性

デジタルにより格段に進化したマーケターと生活者の”つながり”。
WEBやアプリ等のプラットフォームを通じて実現した双方向のコミュニケーションが、
成熟業界における既存のマーケティングプロセスを大きく変えた2事例を紹介します。

コーディネーター:小田 宜夫 インデックス・アイ 代表取締役社長

森永製菓

共創プラットフォームによるロイヤルカスタマーの育成

  • コミュニティ開設の背景
  • ファンの育成と社内活用
  • 今後の展開について

岩崎 育夫 マーケティング本部 広告部 デジタルコミュニケーション担当

日本交通

スマホアプリが成熟業界にもたらした新たな可能性

  • なぜ、日本交通はスマホ向けタクシー配車アプリを開発したのか?
  • どのような効果が生まれたか?
  • 更なる進化としてどのような取り組みを進めているか?

濱 暢宏 事業開発部長 兼 無線センター長


16:50〜18:00

CL クロージングセッション 事前申込 無料

『共創×イノベーション』で
未来を育むマーケティング

第52回の大会統一テーマになぞらえ、ブランド・技術・コミュニケーションなど様々なマーケティングプロセスの中で生まれた「イノベーション」について、パネリストの企業における事例を披露していただくとともに、今後のマーケティングの方向性をディスカッションします。



※本無料セッションのみのお申し込みはできません。

  • ●本プログラム及び掲載内容は、変更する場合があります。あらかじめご了承ください(上記テーマは仮題を含んでいます)。
  • ●お一人の方が同じ時間帯の他のセッションにはご参加できません。
  • ●参加申込み・登録を1名分でされたうえで交代参加される場合は、参加証、資料は1名分しかご用意できません。あらかじめご了承ください。貴社で順次引継ぎをお願いいたします。
  • ●お申込み多数のセッションは、一部いす席になることがありますのであらかじめご了承ください。
  •  

サブコンテンツ

マーケティング大会2017

このページの先頭へ