2015年度 株式会社博報堂

C7ライフスタイル研究とコンテンツ開発の発想

デュアル・マス 2つの大衆が共存する時代

①デュアル・マス誕生の時代背景
②デュアル・マスが進む3つの生活領域
③企業に求められるデュアル・マス発想

吉川 昌孝 生活総合研究所 主席研究員

サブコンテンツ

マーケティング大会2017

このページの先頭へ