2015 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

満席御礼【締切りました】

C5 新価値創造とブランド戦略

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

ウォルト・ディズニーが残した7つのDNAと日本マーケット
独自の挑戦~Tsum Tsumのマーケティング戦略~

①ウォルト・ディズニー7つのDNA
②ディズニー社ブランドプロミス
③日本マーケット独自の挑戦

八木 章次  マーケティング シニア・マネージャー


★聞きどころポイント解説★

企画担当者がご講演者の八木様に伺いました!

新商品開発のためのヒントを探している方、
マーケティング実務に携わっている方
チームの力を発揮して商品開発、プロモーションを成功に導きたいと悩んでいる方

マーケティング総合大会初登場のウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社。
2014年から2015年にかけてディズニー社は非常に注目の高まった企業の一つで
あると言えるでしょう。
『アナと雪の女王』はもちろんのこと、日本のディズニーストアから生まれた
TsumTsumも大ヒットを記録しました。中でも「LINE:ディズニー ツムツム」は
世界累計3000万DL突破を記録し、その名の由来でもある積み上げて楽しめる
ぬいぐるみ「TSUM TSUM シリーズ」は累計300万個の売上を更新しています。
こうしている間にもDL数は増え、また、新たな商品展開がはじまっているそうです。

このご講演で何と言っても注目する点は、Tsum Tsumは日本のディズニー・ストアから
生まれて世界的なヒットにつながっている商品であると言うことです。
日本の環境ならではの何かによって生み出されたものなのか、ディズニー社で
あれば世界中どこでも再現可能なものなのか、そのヒットの源泉について、
Tsum tsumの仕掛け人である、八木章次マーケティング シニア・マネージャーに
ご登壇を頂き、その背景からヒットに至るまでの真髄を語っていただきます。

新商品開発のためのヒントを探している方には是非聞いていただきたい講演です。

サブコンテンツ

マーケティング大会2017

このページの先頭へ