プログラム





同時開催


開催にあたって

 企業間の競争は、グローバル化、情報化、サービス化の進展や市場の成熟化、不確実化が進むなかで厳しさを増し、マーケティング戦略の巧拙が企業の成長・存続を決めるほどに重要となっています。
  1965年から開催されてきた「マーケティング総合大会」は「その時代の変化に対応したマーケティング革新と創造」を目的として、常に新たなマーケティング指針を提案してまいりました。
  今回は、統一テーマを「持続的成長へ向けた高付加価値マーケティング ~消費行動変化と収益構造の革新~」と設定いたしました。川上インフレ、川下デフレの状況下では、顧客・市場のニーズ、ウォンツを先取りした高付加価値商品・サービスの具現化と、効果的・効率的な供給、そして提供する商品・サービスの価値の本質を最も効果的に訴求することが求められます。本大会では、その課題と対応策をさぐることといたしました。
  オープニングセッション講師には、日本を代表する企業経営者と文化人をお迎えするとともに、各セッションでは、厳しい環境下でも知恵を結集し、挑戦的に元気よく活動している企業経営者と実務家を招聘して、講演とディスカッションを中心に理解を深めてまいります。
  Aストリームのテーマは「ブランド戦略・戦略的マーケティングへの挑戦」で幹部・部課長の方々に、Bストリームは「生活者の変化とヒットブランドの新潮流」でスタッフの方々にお勧めです。Cストリームは「生活者研究、CS・サービス、コミュニケーションの新しい取組み」の顧客接点カレント・トピックス・セッションとして構成しております。
  クロージングセッションでは「プレミアム・マス・マーケティングの本質と構造」と題して、全体総括と大会宣言をおこないます。
  ご多用のことと存じますが、ぜひご参加いただきますようご案内とお願いを申しあげます。